脱毛の時期はいつがいいの?

女性なら、年間を通して脱毛が頭から離れる事は無いでしょう。冬であっても、長ズボンを穿く季節で有っても、旦那さんや彼、好きな男性が脚や腕を触った時に、毛がフサフサというのは、女性として嫌ですよね。しかし、脱毛を一番気に掛けるのは、何と言っても夏ですね。ノースリーブのシャツやドレス、ショーツ、スカート、水着など肌の露出が最も多くなる季節です。では、いつ頃から脱毛に取り組めば良いのでしょう?永久脱毛にせよ、抑毛にせよ、長い期間を掛けて徐々に脱毛していく必要があります。では、一体、脱毛の時期はいつがいいのでしょう?体毛には毛周期と言うものが有り、成長初期、成長期、退行期、休止期と有ります。このサイクルは脚、顔の産毛、脇の下、ビキニライン、髪の毛、腕などと、体の部位または毛穴によって異なります。結果、一度に全ての体毛を脱毛処理すると言う事は、非常に難しいわけです。レイザー処理にせよ、他の方法にせよ、休止期の毛を全て取り除くには、3〜6回に分け、時期をずらしながら処理するしか出来ないのです。
今年の夏に向けて脱毛処理を行うとなると、レイザーやサロンでの処理の場合、昨年の9月からの処理がベストとなります。前の5月や6月は、サロン処理やレイザー処理は予約が一杯で思うように処理も進みません。ですので、夏までに間に合わない確率は大です。特に永久脱毛をレイザー処理で行う場合、二ヶ月に一度、照射する必要があり、全てが終わり、最終結果がでるまでに1年から1年半掛かります。9月、11月、1月と言うように3回程処理を行うと、春頃には毛の量は激減しているはずです。

脱毛の仕組み

脱毛の仕組みとは、毛周期を理解する事と深いつながりがあります。毛周期には、成長期、退行期、休止期と大きく分けて3つで周期が形成されています。効率良く、脱毛するには、この毛周期を理解する事が大切です。体毛によって、この毛周期は異なります。剃刀や毛抜きで処理できる無駄毛は、皮膚の表面に出てきている毛なので、成長期と退行期の毛だけと言う事になります。また、成長期の毛は、メラニンを豊富に含んでいる為、レーザー脱毛、光脱毛、針脱毛は、この時期にすると高い効果が見られます。と言うのも、レーザーや、光脱毛に使われる光のエネルギーは、メラニンの色素に反応するからです。また、針脱毛の場合、実際に細い針を、毛穴の中に刺し込み、電流を流して毛根を破壊するので、毛が肌の表面に出ていないと出来ないのです。脇の下やアンダーヘアなどの場合、毛周期が2ヶ月から3ヶ月な為、エステティックサロンなどでは、その感覚で予約を入れます。初回の予約で成長期で表面に出ている毛を、全て取り除いても、その時に休止期に居た毛が、成長期に入り、皮膚の上に出てきているからです。これを数度繰り返すと、一般で言われる永久脱毛の処置が終わった事になります。