脱毛サロンを選ぶときの注意点

脱毛サロンでの脱毛は費用がかかりますし、できれば優良な脱毛サロンで施術を受けたいですよね。脱毛は施術法によって様々ですが、レーザー脱毛など施術後にリスクが伴うような方法も存在しています。なので、出来るなら施術後のアフターケアがしっかりとおこなわれているようなサロン、また万が一、皮膚が炎症したなどトラブルが起こった際にどういった対処をしてくれるのかなどを確認するとよいでしょう。いくら費用が高額であっても、サービスの質や施術のレベルはサロンによってまちまちです。サロンの体験コースなどがあれば、積極的に受けてみることをおすすめします。フリーペーパーや広告などの宣伝だけでは、すべての事が真実とは限りませんので、自分の目で確かめる事が大切です。その際に、スタッフの対応の良さ、施術の費用やアフターケアについて、カウンセリングでは話をきちんと聞いてくれるか、無理な勧誘等はしないかどうかなどをチェックするとよいでしょう。せっかくの脱毛サロンで損をしないようにするためにも、下調べは念入りにおこなうことをおすすめします。

今時の脱毛サロンの脱毛の種類

社会人になって脱毛サロンを利用しようと思っているけど、今時の脱毛サロンの脱毛の種類がよくわからないという方は下記を参照してみてください。
まず、脱毛サロンを使って脱毛を行うという場合には

  • 『レーザー脱毛』(レーザーを使ってメラニン色素のみを刺激する手法)痛みが少ないことが特徴
  • 『電気針脱毛』(一本一本電気を流して脱毛する手法)継続性は高いが痛みが強いことが特徴
  • 『光脱毛』(光によってメラニン色素を刺激する手法)3つの中では一番刺激が少ないことが特徴

この3つが主な脱毛サロンでの脱毛の種類になります。

 

それに加えて長期間の脱毛効果という面では高い効果を得られないのですが、低価格で手軽に行える脱毛の方法として『ワックス脱毛orジェル脱毛』といったものもあります。また、最近では脱毛サロンにお医者さんがいる場合があってこういったサロンでは、医療レーザー脱毛』が利用できるようになっています。これは、根本的な出力がレーザー脱毛は大きいため、医師による使用に限定されており、医療機器として販売されています。今時の脱毛サロンの脱毛の種類の中でも主要なものを紹介してみましたのでぜひ参考にしてみてください。

レーザー脱毛と光脱毛の方法について

医療レーザーや光など、脱毛の手段は様々なものがありますが、どちらを選ぶべきなのでしょう。医療レーザーは、光よりも高い脱毛力があります。ただ脱毛効果の強さを比べるのであれば、医療レーザーを使う脱毛の方に軍配が上がります。少なからずの人が、確実な脱毛を求めて医療レーザーを利用したといいます。アンダーヘアのような敏感な場所の脱毛処理には、他の部位と比べると痛みをとても伴うようです。痛みが苦手という人では、医療レーザーの痛みは強すぎると感じる人もいたといいます。施術を受けた後の1週間くらい発疹みたいなのものが肌に出来て、散々な目に遭ったという方もいるようです。皮膚が刺激に弱い部分も、ムダ毛は生えます。そういった部分の処理は肌が負けたり、時間ばかりかかって脱毛ができなかったりします。脱毛しようとしたことがきっかけで肌トラフルが起きたり、腫れや化膿、色素の沈着などが起きて、ずっと痕が残ってしまうこともあります。アフターケアについては、医師がいる医療レーザーでの脱毛ならば安心です。医師のいないところでは使えないくらい効果がある器機が、医療レーザーであるともいえます。今ではいろいろな脱毛方法があるので、施術をする場所や肌の状態によってレーザー脱毛に適していたりします。光脱毛でも、十分に脱毛効果が期待できるという場合も少なくありません。脱毛に関する知識を得ることはもちろん、気になる場所が見つかればまずは事前にカウンセリングを申し込んでアドバイスを受ける事をおすすめします。